「デバフ」とは? – ゲーム専門用語の意味や使い方を解説

デバフとは、ステータスが弱体化する魔法などを指している言葉となっています。

ステータスを強化する魔法などを指す「バフ」に打ち消しや否定の接頭語である「de-」を付けて出来た造語です。

元々はバフを解除するものを指して呼ばれていたデバフですが、最近では不利益な状態異常・弱体効果全般を指す言葉として使われており、防御力や攻撃力などのステータスが下がるものはもちろん、毒や麻痺のこともデバフと呼びます。

ちなみに、日本では弱体化という意味でも使われていますが修正などでキャラクターなどが恒常的に弱体化するのはナーフと呼ばれています。

対義語:バフ

類義語:ナーフ